Home > ごあいさつ

ごあいさつ

平成30年年頭の会長ごあいさつ

平成30年の新春を迎え、謹んで年頭の御挨拶を申し上げます。

旧年中は、会員の皆様には当連合会の事業運営につきまして格別の御指導、御支援を賜り、厚くお礼申し上げます。

また、各消防本部並びに危険物取扱関係の皆様方におかれましては、平素から危険物施設の保安管理や危険物に関わる安全思想の普及に御尽力を頂いておりますことに対しまして、心から感謝と敬意を表する次第でございます。
さて、全国における危険物施設での火災・流出等事故件数は、施設数の減少にもかかわらず、近年は高止まりする傾向が続いております。いうまでもなく、危険物の適切な取扱いや安全思想の普及啓発は、当連合会の最も重要な使命であり、これまでも保安監督者技術講習会や、会報誌等による広報、優良事業所への顕彰事業等を行ってまいりました。
特に、危険物保安に関わる知識や情報を、タイムリーに提供する危険物取扱者法定講習事業につきましては、平成18年度以降、当連合会が愛媛県から委託を受けて実施しておりますが、10年余りを経過した今では相当程度、効率的、効果的な事業遂行が可能となっております。
この事業効果をより一層高めるため、愛媛県では、平成29年度から委託料に係る画期的な見直しを行っていただき、これにより、従来必ずしも十分とはいえなかった広報活動に力を入れられるようになりました。
この結果、今年度の法定講習受講者は、総計2,465名と前年比114名(4.8%)の増となり、また受託を開始してから初めて2,400名台に到達することができました。
県御当局の御理解、御支援に深く感謝申し上げますとともに、私どもといたしましては、県内の危険物施設数からみて、まだ数多く存在すると思われる潜在受講者の掘り起こしに向けて、地区協会や消防関係の皆様と力を合わせて取り組んでまいりたいと考えております。
今年も当連合会では、役職員一同心を新たに、法定講習事業のみならず各種の事業を実施し、危険物に係る安全思想の普及、啓発を図り、事故防止に努めてまいりますので、皆様方のさらなる御協力と御支援をお願い申し上げます。

結びに、平成30年の輝かしい新春を迎えられた会員の皆様方の御繁栄と御健勝を心より祈念いたしまして、年頭の御挨拶とさせていただきます。

 

愛媛県危険物安全協会連合会長 藤村泰雄
お問い合わせ